運営 NPO法人 いきいき清和

 

この法人は、君津市清和地域の地域振興に関する農地・森林の再生事業や道路公共施設の環境美化事業など各種事業を行うことにより、地域住民の雇用促進と福祉の向上を図るとともに環境保全に寄与することを目的として活動しています。

住所  君津市市宿408

TEL      0439-38-2200

白鳥神社

鹿野山の白鳥神社は、日本武尊・弟橘比売命を祭神とし、厄除開運、家内安全、生業繁栄をはじめ、吉凶禍福のお告げを授ける神として知られています。

伝説によれば、景行天皇の皇子である日本武尊が、天皇の命により、鹿野山を拠点として猛威をふるっていた阿久留王を征伐するため、東国へ下ったといわれます。

 途中、相模から船で上総に渡ろうとして、走水のあたりにさしかかったとき、暴風雨に遭遇し、船は先に進めなくなりました。

 このとき、妃の弟橘比売命が、波風の平穏を海神に祈りながら海中に身を投じたところ、海は静まりは無事上総国にたどり着き、阿久留王を征討して民生の安定をはかったといわれています。

 日本武尊が亡くなったのち、白鳥となって鹿野山に飛翔してきたといわれ、住民がその徳をしのび、白鳥神社を創建したと伝えられています。

当社の祭礼は毎年4月28日に行われています。

                                                                                                   (参考:君津市教育委員会案内看板)