運営 NPO法人 いきいき清和

 

この法人は、君津市清和地域の地域振興に関する農地・森林の再生事業や道路公共施設の環境美化事業など各種事業を行うことにより、地域住民の雇用促進と福祉の向上を図るとともに環境保全に寄与することを目的として活動しています。

住所  君津市市宿408

TEL      0439-38-2200

伝説民話

石射太郎の伝説

昔むかしそのむかし、台田久保という巨人が有って、高宕山から鹿野山へ一歩に歩んだという大巨人であった。

高宕山の北方に高いたかい山があって、この山の上に大きな石があった。すると台田久保は、鹿野山から弓に矢をつがえこれを射るといったら、人々は随分笑ったそうだ。そこで台田久保は「そんなら見ておれ」と強弓に矢をつがえ、ひょうと射た。すると矢は山の上の大きな石を射飛ばし、石ははるか南方の保立という半里(二千メートル)も有る谷間にとんだ。その時、台田久保は、鹿野山で「石射たろう」といった。その時の言葉をとってこの山を石射太郎山というようになったが、いつの間にか石井太郎と書くようになった。

                                                                                                    (参考:清和村誌)